よる日記

散歩とか音楽とか

思えば幸せな日々だった

とうとう完全に振られたみたいだ。振られたというより放置されてるわけだけど。連絡が来なくなって久しい。

一月の下旬あたりからなんとなく様子がおかしくなって連絡が来る頻度が落ちた。だいたい寄越すのと受けるのの比率が1対1くらいになったころ、僕はもう完全に終わったのだと嘆いたものだ。毎日息をするのが苦しく、誰と会っても何の慰めにもならなかった。
それがその後そういうテンションでなんとなく続き意外と持ちこたえた。旅行に行ったりなんかもした。
何を振り替えろう、何かを振り返りたい。思えば幸せな日々だったわけだから。思い出さないとその幸せも形を失ってしまうわけだから。


旅行のことを書く。どう書けばいいか分からんから時系列でかく。

たぶん行こうということになったのは俺の:青春18切符が残ってたから。地元の友達と温泉旅行に行ったきり使わなかったから大分余ってた。

相談して、いやしてない、あの子はいつものようにどこでもいいよ、ってテンションをしてたから。投げやりなわけじゃ決してなくて、貴方となら何処でも楽しいのっていう表情だ。自惚れではないと思う。
まあとにかく伊豆になったのだ。

渋谷でkoの友達二人と会った次の日だった。確か胃の調子が悪かった。
集合は俺の最寄り駅で渋谷から18切符使ったんだっけか。電車ん中でバランスとる遊びみたいなのしたきがする。

戸塚過ぎたあたりから確か人が減って座った。優先席で口元かくして後ろ向いて電話してるおじさんが居てなんか面白かった。
熱海ついて最初に駅前地下のビルのご飯食べに行った。前行ったとこが混んでたから別の店へ。海鮮の丼食べたけど詳しくは忘れちゃった。

そっからちらっと商店街の方行って伊藤園ホテル入って天ぷら冷やかして電車乗った。
伊豆高原で降りて歩いて喫茶店まで。ちょっと雨降ってたんだっけ。あの子の写真をそこでもらった。イヌと写ってるやつを。とにかくキュートだった。

店出て駅戻って下田まで。下田ちと散策して地元のおばさんに地図もらった。コンビニで菓子パの準備してそっからバスで海辺の宿まで。宿までは結構歩いた。着く頃は日が暮れかかっていて海をバックにあの子の写真をとった。俺のモッズコートを着たとても可愛い写真を。

宿では二人で食べた中で一番ちゃんとしてるご飯を食べた。うっかりエビを食べて少しびびってた。

部屋へ戻って眠くない遊びしてセックスしたりテレビを見たりした。ダブルベッドでゆっくりできた。

テレビでは有吉反省会にオネエが出てて互いの服を交換すると俺も完全にオネエだった。みたいな感じで寝た。


二日目、チェックアウトぎりぎりまで寝て昨日とは別の道から下へ降りた。バスまで少し時間があるのでコンビニへ行くなどした。そっから下田バーガー食べてペリーロード行って黒船に乗った。やたら黒船長くてあの子の膝の上でずっと寝てた。

そっから電車でかえる。小田原おでんはスルーして鎌倉へ行ってなんか串に刺さったのを食べた。

その後スープカレー侍へ。店に居る間によっさんから電話があった。

そのあと俺んちに一緒に帰った。行為の最後あの子は好きーと言っていた。確かに充実した一日で俺も手応えのようなものを感じていた。また気持ちを巻き返せられたと。

ただやっぱりすべては相対的で隣の芝生は青くて大切なものは失ってから気づくんだ。好きと言われたとき俺は俺もだよと言ってあげられなかった。いつもの嘘っぽさが俺を包んだ。

次の日、大学へ行こうとした俺へあの子は行かないで!と言った。泣きそうな声で。ひさびさにあの子からの切実な好意を感じたものだ。

その後どうしたかは覚えていない。


とにかくこの旅行は日にちが経っていない後日から思い返してもじゅんど100パーセントの幸せだった。何にも悪いことは起きず穏やかで甘い思い出だ。


今はあの子に会えなくて悲しい。またあの甘い声を聴きたい柔らかな体に触れたい優しい眼差しに包まれたい。今日はきっと眠れない。

恐ろしく性欲がない

クスリのせいなのか何なのかわからんけどセックス欲、オナニー欲がない。なんていうかそういう状況になったらわりとまあ何とかなるけど、そもそものモチベーション自体がない。酒飲んだらちょっと変わるけど基本的に人に会いたいっていう気持ちもない。あの子はいよいよ俺に興味をなくしたみたいで最近ではほとんどLINEも来なくなったけど別に寂しくない。なんでこないんだよ!みたいな怒りもないし心の海はずっと凪だ。無風状態。冬にあの子との関係がおかしくなり始めたときにはあんなに苦しくて毎日毎日押しつぶされそうで胃のあたりがずっとグーンと重かったのに。

 

今はなんでも失える。何失ってもたぶんそんなに痛くない。ふーんで済ませられる。毎年夏はだいたい寂しさが緩和するけど今年は性欲もなくなってしまったからマジで何をして過ごすんだろう。去年の夏なんか女女女and女ってな状態だったからな。もっと有意義に時間を使えそうだ。といっても問題はどの選択肢にもモチベーションを感じられないことだ。別に何もやりたくないし興味もない。冷静に考えたらやるべきことも色々あるはずだけどそもそもやるべきってとこまで感情が到達しない。性欲減退だけじゃなくて鬱にもなりかけてんのか?鬱が原因で今こんな状態なら鬱もそんな悪いもんでもないな。ただ繰り返すけど苦しみがないのと同様やっぱ楽しみも特にない。音楽聞いたり本読んだりしても心の表面のあたりをスーッと流れていくばかりで全然内側まで入ってきてくれない。國分功一郎によれば退屈から抜け出すにはモノそのもの芸術そのものを楽しむことが重要らしいけど今は全くそんな状態にない。というと退屈になるんだろうか。間違いない今の自分の状態を一言で言うなら退屈そのものだ。誰かに迎えに来て欲しくなることもない。ただ退屈そのものを享受している。

 

 

 

ノルウェイの森にネタバレとかないから

ええー直子死んじゃうのーまじかー知りたくなかったーじゃねえから。別にその情報知ったとて村上春樹のあの小説の1パーセントも知ったことにならないから。安心していいから。純文学を大衆小説の読み方で読むからネタバレが気になったり、あらすじが気になったりするんだ。そういう人たちは小説とか漫画とかの感想聞くときに「面白いの?」っていう言葉しかもたない。世の中には面白い作品と面白くない作品しかなくて作品と自分の感性の関係とかには考えが向くことがない。面白くなかった作品は合わないんじゃなくて作品のレベルが低いとかストーリーの稚拙さがすべてだと思ってしまうんだ。

 

そういう人達の言う「面白い」は多義語としての面白いではなく「いわゆる」面白いなんだ。

実習に行くまえと何かが違う

一週間の実習を終え東京に戻ってきた。いつもと違う環境でいつもと違う人たちといつもと違う生活リズムでいつもと違う食事をしたことは俺の「組成」のようなものを変えてしまった。

いいとか悪いとか楽しいとか楽しくないとかおいといてとりあえず何らかの変化が起きている。東京へ戻って1日も経っていない今は何だかある世界とある世界の中間地帯に居るような感じで、混乱している、というか整理がつかなくて何をすればいいとか何をしたいのかがわからない。


今までに行った旅のどれよりも大きな変化が自分の身に起きているような気がする。繰り返すけど人生観が変わったとかこれから頑張れそうだとかそういうことじゃない。とりあえずいつもの自分と違う自分になっている。俺は今誰なんだ。どこにいるんだ。
この状態はいつまで続くんだ。

合宿1日目

今日は合宿の1日目だ。合宿と言ってもしんどい方の合宿。しんどいと言ってもそのしんどさは様々で、やる作業自体のしんどさと朝無理矢理起こされて決まった時間に飯を食わされるしんどさと、どこにいっても人がいる逃避場のなさからくるしんどさと色色だ。
作業自体のしんどさはおいといて他のは人によってはしんどくなかったり、外向的な人にとってはむしろ魅力的な環境なのかもしれない。


人と一緒にしんどいことをするのが嫌だ。自分一人でしんどいことを自分で方法とか考えつつ遂行することはそんなに苦じゃない。これまで言った旅行でも人と一緒ならこんなこと絶対きつくてやってられないな、という旅はたくさんある。一人だから頑張れるのだ。
みんながいるから頑張れる!とか一人はみんなのためにみんなは一人のために!とか考えただけで耳にしただけで息が苦しくなる。


これから毎日息苦しさが続くのかと考えるとお先真っ暗な気分だ。と言っても今日はまだ何もしんどい作業自体はやってない。おまけに今日の話し合いでチームプレイにおいて一番大事な役目を与えられてしまった。お先は漆黒の闇である。

明日の夜はどんな気分なんだろう。逃避道具をたくさん用意すべきだった。迂闊だった。

すでに夜と霧を読みたい気分

ドグマチールでちんぽがたたない

常用し始めて三カ月強、ちんぽが勃たないというか性欲自体がなくなてしまって性行為に義務感を感じるようになってしまった。



性欲がなくなるということ

性欲が当たり前にいつも自分の中に存在していた頃には想像もつかなかったのだろうけど性欲がなくなるということにはあまり自覚を持てない。

「あ、なくなってきたなー」なんて感覚はなく、気づけば女の子とかセックスへの興味がなくなっているのである。セックスなしで会いたいと思えない子にはマジで会う意欲がなくなる。俺の心と言うよりチンコが会いたがってたんだなーと納得する。

 

 

性欲がなくなることには実は前から憧れがあった。人並みに性欲がある人なら共感してくれるはずだが男の性欲というものはいろんな生産的活動の妨げになる場合がある。ただじっさいに無くなってしまうとそれはそれで困るのである。

 

今僕のまわりにいるパートナーたちはそれほど性欲がある方ではない。ただいざ事が始まり僕の不能が明らかになるとやはり気まずいというか微妙な空気を感じずにはいられない。

 

 

性欲に振り回されないのはいいことかもしれないが新規の女の子たちとの可能性を失うだけでなく今いるパートナーをも失うことになるならたぶんプラスでもないというかむしろマイである。

 

 

 

胃の調子と性生活はトレードオフなのかもしれない。

誰でもなんでもいいから俺の人生勝手に決めてくんねえかな

いまいろんな人生における大事な選択肢が自分の中にあってそのうちのいくつかは近々答えを出さないといけなくてそのうちのどれか一つにすら真摯に向き合わず徒につれづれ日々を過ごしている。

 

 

昨日「そこのみにて光輝く」の映画を観た。映画自体の内容は鬱屈してて基本的に救いがないんような感じでそれもまあ良かったんだけど地方の生活感とか主人公の自分の人生に対するお客様感になんとも惹かれてしまった。

 

映画の中でもあったけど、知らない町で肉体労働して稼いですぐに他の街に移ってそこでまた働くっていう生活に対する憧れがある。嫌な仕事でも嫌な上司でもすぐにオサラバする前提で対していればきっと我慢できる。お客様感があれば所詮はいろんな悩みも他人事だからだ。責任のなさ、プライスレス。

 

自分の人生に絶望するのは大抵他に選択肢が何もないって感じるとき。最初からいくらでも選択肢がある中から仕方なく選んだっていうスタンスでいれば人生に悲観的になることはないんじゃないか。

 

でもそう感じるのはたぶん俺が安定した幸せにもともとあまり興味が無いからで、幸せ=家族に囲まれ穏やかに過ごすって感覚の人は共感できないんだろう。

 

そもそも俺とて本当に旅とか放浪に絶対的な価値を置いてるかどうかわからない。もっと年を取ったら安定した生活を強く求めるのかもしれないし、旅欲も結局逃避願望でしかないのかもしれない。てか逃避願望であることは確かなんだけど逃避願望が欲求としてどれほどの順位にあるのかがわからない。

 

 

 

でもとにかく今は誰かに勝手に人生決められてとりあえずあの町でマグロの解体やって過ごすことになったり、その町もまた出ていくことになって行商でもやることになったりしたい。自由意志を奪われたって、逃げる自由さえ確保されていたらどうにかこうにか生きていけそうな気がする。

 

やっぱ色々考えるのってめんどくせえよ