読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よる日記

散歩とか音楽とか

メンタルクソ雑魚問題

普通に死にそう。ただ退屈なだけだったら毎日寝る前のあれを楽しみにできるけど、起きてもこの虚しさは消えてくれないんだと思うと寝ることも俺を救ってくれない。最後の砦だったのに。そのうち夢にまで侵食されるんだろう。 試しにやったネット診断では余裕…

今日

今日はバイトのあと久々に会う友達と三人で飲んだ。うまいと評判のこないだ行きかけた店。刺身盛りと肉じゃがをつまみに酒を二杯のんだ。胃の調子は一昨日の飲み過ぎのせいで良くなかった。友達が昔からデートを重ねていた女の子と付き合い始めたことを知っ…

何食っても味がしない

し食欲自体あんまりない。またただでさえ軽い体重が減るのだ。 食欲も性欲も奪われた人間の人生は生きるに値しない。生きる燃料がない。 心が沈んでいる時、周りがうるさいのは辛い。 天気が悪いと安心する。ああ、こういうテンションで過ごしていてもいいん…

東京の冬は寒い

毎年この季節になるといつもそうだ。いろんなことがうまくいかない、出口の見えない日々。何も自分の心を暖めてくれない。最近はあの子との関係もうまくいかない、というか衝突はないけど終わりの予感は無視できないくらい毎日大きくリアルになっていく。そ…

正しいことを言われると傷つく

洞察力に優れた友人がある。彼から自分の欠点を指摘されることは辛い。彼から嫌われてるということが分かってしまうのは辛い。性格には嫌われてる"部分"がある、ということなんだろうが。思い当たる節がある、自覚症状があるだけにどうしようもない遣る瀬無…

食べることよりも料理をすることが大事

料理はその過程にこそ意味がある。野菜を洗う、皮を剥く、出汁をとる、灰汁をとる、盛り付けるそんな1つ1つの作業を丁寧にものを作ること思うに料理はこの消費社会の中でもっとも気軽に"生産"を行える行動の1つだ。生産には何か意味があるような気がする…

「許す」と「赦す」の違い

生活は人を癒す

きちんとした生活には人を癒す力がある。きちんとだしをとって味噌汁を作ること。キッチンを清潔にすること。シャツにアイロンをかけること。コートをちゃんとハンガーにかけること。このような日常の所作をひとつひとつ大事にすることが大切だ。元気だから…

失敗した

失敗したけど気分は無理やり成功した時よりはるかに良い 少しさわやかな気分で駅からの道を帰った バーにいこうとしたけど休みだったからやめた あのいつものなんとも言えないあと引く感じがなくて頭に居座るはずの対象の席がなくて良い感じ

SWEET MEMORIESを聴いたせいだろうか

夕方に起きた。今日も授業へは行けなかった。起きてすぐちょっとだけバイトをして家に戻ってキャベツと卵をいれたインスタントの味噌ラーメンを食べた。それから皿を洗ったり部屋を片付けたりして、あいつに目を向けないようにしていたけどやっぱり逃げ切れ…

味のないコーラ

大して食べたくもないものを食べ 大して興味もない話に相槌を打ち 大して見たくもないテレビを垂れ流し 大して生きたくもない一日を生きる そんな日だった

ガストで話したこと

八郎潟の話ポストカードの話夢と現の話泉鏡花の龍譚たんと千と千尋が似てる話死刑反対の話人間を信用してない 絶対的でない話両親の間の愛なき故のエディプスなりオイディプスの云々がなかった話話す言語によって人格が変わる話理系出身の小説家視点が違って…

いじめ加害者をバッシングする世間の気持ち悪さ

TBS「好きか嫌いかいう時間」のいじめ加害者実名報道の討論を見て考えた。 番組ではいじめ加害者は実名報道をすべきという意見が多かった。賛成派の意見としては ・抑止力になる ・加害者は守られるべきでない ・目には目を など抑止力を抜きにすれば感情論…

銀杏ボーイズを聞く

たまに聞くことで自分の心がまだ死んでいないことを確認する。でも基本的にはもう俺には銀杏を聞く資格がない。

俺の青春

のイメージは何になるんだろうかこういうのは後から振り返るまだわからないものが多い。ただ、少なくとも冬のあの子と部屋でのあいつは確実にそうなるんだろう。

酔って記憶なくすとかガキかよ

って言う言葉、まあその通りだなと思う。基本その通りだと思うんだけど自分の限界を大人になっても分からないのか、と言われると何となくモヤモヤする。もちろん周りの人に迷惑をかけること自体は心苦しいし醜態を見られてしまうことは恥ずかしい。でも心の…

生きるのがめんどくさい

ってよくいうけど、よく言う奴いるけど本当にそうなのか?めんどくさいってのが通常の状態で自分の未来に希望を感じてワクワクしてるような状態が異常なのか?たまたまうまくいかないことを個別にいくつか経験しただけで、それを全てにおいてうまくいかない…

ちきしょう、殺りやがったな

それはそうと久々に見るとお気に入りのキャラが変わった。ペッパーはなんとも仕事のできる男で味方にいると非常に頼もしいが粗野な部分もある。空挺団の認識票のシーンとか見るとなんだかなあというかんじ。あの場にはウェイド以外に繊細な感性を持っている…

返信が早すぎる女

殺す気か

最近

湖の近くをよく散歩する。家からは少し距離があるけど歩けない距離ではない。その湖にはなんとなく死の空気が漂っている。周りから隔絶され、だがそこにいる間はそのことが意識されない世界。普段の意識とは違うところにいろんなものを置いてみる。

言いたいこと言えたことなんてない

そんな大した考えなんて持ってないけど。そんな大したことない考えすらきちんとカタチにできない。

本当に辛い出来事を経験した人

になんて言っていいかわからない。何か言おうとしたらそれはだいたいこういう時にはこういうものだとか、この人が求めてそうな言葉なりを想像するしかない。後者は実際には難しいから何か言うとしたら前者になるんだけどそんなの嘘っぽくてとても相手には言…

むしゃくしゃして行った、どこでもよかった

旅に出て何か見たり聞いたりしてもだいたい何も思わない。何も感じない。旅行好きですか?って聞かれたら「好きです」って答えるけど旅行が好きな友達と比べると自分は全然旅行好きなんかじゃないなって思う。比べなくても思う。旅行は人と行くもので1人で行…

具なしカレーは美味しい

具なしとは具をミキサーにかけてぱっと見具なしってわけじゃなくて本当に何も入ってないやつ。水でやると多分まずいけどってか実際作ってみてそりゃもう不味かったけど、水の代わりに豆乳とかトマトジュースを使うとうまい。中学の時に初めてできた彼女の具…

終電を逃したがる女

吐き気がするからマジでやめてくれ寝落ちのフリしての俺のおやすみ無視しての翌朝のおはようメールもやめてくれ

きょうはおしいとこまでいった

意識保ったまま沈み始めたけど体の方が途中で止まった

行きたいとこなんてない

何処かへ旅したとして、見たいものとかやりたいことなんて大抵ない。移動すること旅すること自体が目的になっている。自己目的化。 今も旅先のマックで何しようかなんて考えながら到底何も浮かばず窓の外にそぼ降る雪をコーヒーの湯気越しにぼんやり見るだけ…

孤独感の正体

それすなわちせいよく生命の危機とも言える生命の危機と性欲は結びついている孤独感の解消を求める相手は異性であることが普通なんだろうか

他人との食事は食欲が失せる

人と食べに行くと相手が話してる途中にはあんま食べられないし相手のペースに合わせないといけないしそんなことしてる間に冷めてしまう。一口食べた瞬間に「あ、これうまいわ」とか言うけどあんま本気で思ってないし間埋めるために言うことがほとんど。食べ…

とうとう来た

とうとう来たか来てねえか来たのに気づいてないふりし続けるのも無理があるけど気づいた時点で終わり。気づいたら終わりとかいってる時点でもう終わりいいか?シロクマのことは絶対に考えるんじゃないぞ。絶対にだ。ああおじさんとの約束だ

トランペットを壊した

壊して4日がたった後悔しかないなんだかんだ色々溜まってたんだろうな

めんどくさいから死にたい

考えるのがめんどくさい。全てに行き詰まったとか、鬱がどうしようもなくひどいとか、すごく悲しい出来事が続いたとかそういうのじゃなくて、これからの身の振り方とかいろいろを考えるのがめんどくさいから死にたい。積極的に死に向かってるとかそういうも…

何もやりたくねえ

何もやりたくない。何を見ても聞いてもたべても薄いぶよぶよどんよりした膜越しにしか吸収できない感じ。やりたくないことは腐るほど思いつくけど、やりたいことはない。そりゃ短いスパンでの欲望というかあれ食いてえ酒飲みてえみたいな感情は湧いても将来…

プレゼントのもらい方

身の回りの人が喜んでくれると嬉しい。自分にとっては何が嬉しいのかよくわからないことでも、相手が本気で嬉しいと感じることならしてあげたい。人の誕生日自体はその人の誕生というかその人と会えたこと自体と関係はない。ただの記号だ。だから誰かの誕生…

自分を操縦する

自分と自分の中のOSの距離をなるべく大きくとること 距離が近づきつつあることに気づいたら修正すること 自分の感情に目を向けないこと いい感情には浸ってもいい気がするが大抵はうっすら悪い寄りだからクセ付けのために これで少し楽になれる

美味しいカレーの作り方

コツはビールを片手に作ること 玉ねぎ炒めたり焦げないように混ぜる作業は単調で所在ない。その間を埋めるのがビールだ。カレーにかぎらず煮物にビールは必須である。当然だが料理に入れない。音楽もかけなきゃね カレー作りに合う音楽ってなんだろう ちなみ…

悪意なきシカト

今日困っている人をシカトしてしまった。かもしれないラーメンからの満喫のあと歌舞伎町をあてもなく歩いた。どこかでいっぱい引っ掛けるつもりもなくただ通り抜けただけ。その間すこしラリった目をして歩いてみたらびっくりするくらい客引きに声をかけられ…

クリスマスどうでもいい

クリスマスどうでもいいなあ。誕生日もどうでもいいなあ、人のも自分のも両方どうでもいいなあ。子供とか出来たら小さいうちはどうでも良くないか。でも恋人の誕生日とかどうでもいいよなあ。記念日とかもどうでもいいなあ。ハロウィンもどうでもいいし花火…

エロい茄子じゃなくてエロいナースだってことに

那須に行く途中に初めて気づいた。エロい茄子ってなんだよて思ってたけどなんとなくスルーしてた。僕にはそういう調べればすぐに分かることをあえて調べずに自然とわかるまでとっておくところがあるなあってすげえどうでもいいなあこれ そういやあの頃はすご…

寝すぎは良くないのかも

睡眠不足よりよっぽどマシだろと思ってたけどどうもそうでもないかもしれない。最近寝ても疲れが取れない。逆に起きた時の方がつかれてたりすることもあったりで。ひどい時は寝てる時以外は常に眠かった、15時間くらい寝てたのに。あとなんか寝てる時震えて…

ヒヤシンスハウスに行った

中浦和駅より徒歩5分、別所沼のほとりにそれはあった。小さすぎワロスみたいな反応をいくつか事前に見てたけど実際見てみると想像通りの大きさだった。詩人が1人で住む家なんだし小さい方がなんかしっくりくるじゃないか。なあピエロ。立原道造はこの小屋の…

0日目

雨の日が好き

「どんよりした空を見ると心までどんよりしてくる」 っていう風になったことがない、というかならなくなって久しい。むしろ晴れた日の町並みなんかを見てる方が気が滅入る。 今日は朝から雨。それも緊急大雨速報で携帯が鳴るほどの。小田急線の窓からは灰色…

過去の女

京成大久保小滝橋歌舞伎町品川三田目黒新代田野猿ひばりヶ丘仙台府中湘南藤沢大宮仙川

最近の外の世界は青

起きたらだいたい夕方。そのうえ窓には遮光シートを張っているからちょっとした曇りの日とかだと雨が降っているくらいどんよりして見える。青く染まった無機質に見える世界は嫌いじゃない。少なくとも昼間のやかましさにくらべたら。日光をずっと浴びてない…

幸せのイメージ

いつの間にか眠りに落ち目を覚ます。あたりは暗く朝なのか夕方なのか時間の見当もつかない。眠りの世界に半分アタマを突っ込んだまんま寝室から居間へゆっくりと向かう。居間からは暖かい光が漏れ廊下に一本の線を作っている。ドアを開けると料理の匂いと家…

備忘録

誰もが恋をすることによって、自分自身の欠けた一部を探しているものだからさ。だから恋をしている相手について考えると、多少の差こそあれ、いつも悲しい気持ちになる。ずっと昔に失われてしまった懐かしい部屋に足を踏み入れたような気持ちになる。村上春…

僕のした単純作業が

僕が何気なくしたことがその後のことに目をつむってしたことが誰かをひどく傷つけるかもしれない取り返しのつかないことをしているのかもしれない。

あんまり大きな声で言えないこと

マイルス・デイヴィスがあんまり好きじゃないなあ。ピィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんって吹き鳴らさないことがまずなくて、あれこの曲では大人しいな?って思ってても絶対どっかのタイミングでピィェェェェェェィィィィィィンが、来る。 だ…

人生の耐えられない長さ

夜余計なこと何にもならないことをたくさん考えて睡眠薬を飲もうかと思ったけど、その思索の苦しみを後に回しているだけだと考えるとうんざりする。人生は長い。生活の隙間には余計な思考が入り込んでくるくらいには長い少なくとも。それが僕を苦しめる。い…